電車という空間のキモさがヤバい

電車ほど「精神ダメージ」を喰らいやすいところは他にあまり無い。

そうです。喰らったわけです。

しかも「しばらく欝状態で何も出来なくなる」くらいのダメージ。
なんという事でしょう。
今は机に座れるくらいにまで回復したが……やはりまだ傷は回復しきっていない。


あれは…… 今から6時間くらい前の出来事だ。
電車の乗り換え。いつものように俺は電車に乗った。

この時間帯では座席に座れるくらい空いている。
今回も座れるくらいに空いていた。

だがしかし、

座れるところが無いではないか。

いや、座れない事は無いんだが一人一人が座席のスペースを広々と使っていたり
荷物を置くスペースに使っていたり(これはひどい)していて、空いているのに座れない!

車両を移るのも面倒くさい。っていうか、どうせどこも座れないんだろう。
俺は仕方なく立つ事にした。

ちなみに、俺の装備(荷物)はこんな感じである。

装備

なんかやたらとスペースを使う平べったくて硬い鞄(呼び方は知らない)
こいつは電車に乗るとき、結構厄介である。

俺は電車の端のほうに移動する。
荷物が重いので、ドア付近のアミ棚に荷物を置く事にした。


ゴツン


……?何の音だ?

ゴツン

(^^)

………………………………………………
………………………………………………


ああああああああああぁあぁぁあぁああああああああああああああああぁぁぁぁああああアアアアアアアアアアアアああアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああア嗚呼アアアアああアア嗚呼嗚呼嗚呼あああああああ


ちょっとまて、俺は悪く無いぞ?いいな?落ち着け。いや誰に言ってんだ俺。

「すみません」

気づけば俺は小声で謝っていた。
よく吃らずに言えた!偉いぞ俺!

いやしかし、なんと機嫌悪そうな表情をしたサラリーマンなんだろうか……ッ!!
これはヤバい。

しかも俺はこの人の頭に「硬い鞄のカドの部分」を勢い良くぶつけてしまったのだ。

そのやたらと不機嫌そうな表情をした男は、一瞬俺を「ゴミでも見るような目」でチラ見した後
何事も無かったかのように再び元の場所に視線を戻した。

ちなみにこの時、電車内は「かなり静か」だった。

それもそのはずだ、この時間帯は仕事やらで疲れた人たちが乗っているのだろうし。
テンション低いのも当たり前だぜ!
いや、都会で働いてる人は何時でも死んだような目をしているがな(禁句

なんとなく「その光景」を見ていた人達から冷たい目線を送られているような気がした。

なんだこいつら?そんなキメー目でこっち見んなよ、まるで俺が本当にキモいみたいだろ?
…え?すみません嘘です…悪気は無いんだ。お前らはあるんだろうけどな!その目だし間違いないぜ。
あ、これも嘘です。そんな事考えてなんて無いんだからね!俺はキモいです!そしてエロいです。


家に帰った後、その「平べったい硬い鞄」のカドの部分でシュミレーションしてみた。


痛い。


こりゃあの不機嫌そうな男もそりゃ不機嫌になるわなwwww
いや、あれは元から機嫌悪そうだったけどな。


しかし、この程度でここまで精神的なダメージを喰らうとはな。
しかも他人からの攻撃ではなく自分自身で自爆。こりゃひどい。

俺はこれまでどんだけ平凡に生きてきたんだよって感じだぜ。
普通ならここまで落ち込まないぜ。たぶん。
こんな事は「知らねぇよ」で済むと思いますな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

>座れない事は無いんだが一人一人が座席のスペースを広々と使っていたり荷物を置くスペースに使っていたり
そういうマナーがなってないヤツってむかつきますよねー。
どうしても座りたい時は「すいません」って言って強引に座ろうとしますね。そうすると案外寄ってくれたり荷物どけてくれたりするのでw


カドあてちゃっても、「次からは気をつけよう」で終わらせていいと思いますよw
それかぶつけてもいいように柔らかいカバン買うか、むしろあたると気持ちいい素材のカバン買うとか………

あ、ひらめきました。

カバンのカドに、「おッぱいボール」つけたらいいんじゃないでしょうか。

Re: No title

>とんやさん

そうですね、次から気をつければいいだけの話……。
その時の自分はたぶん機嫌が悪かったのだと思います。思い詰めすぎでした。

カバンのカドに「おッぱいボール」をつけてぶつければむしろ喜びそうですね。
それで堂々と電車乗ってたりしてる人がいれば尊敬します。
せっかくなので今度試してみます!(※無理
プロフィール

ナール

Author:ナール
――。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR