FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ibの手描きMADを描く②

制作を始めてから2週間と少しが経った。

後1週間もあれば手描きMADを完成させる事ができる。


……


しかしぶっちゃけ言うと、最初の頃にあった情熱はもう冷めている。

その理由は簡単であった……




アニメ制作は一人でやるものじゃないです。


とにかく完成するスピードがとてつもなく遅い。

どれだけ作業スピードを上げても、死ぬ気で一日中作業してても

完成するものがあまりにも「一瞬の映像」


夢をもって作画し、それ以降の面倒な作業を終え、完成したその映像は
あっけなくも一瞬で、まるで最初から何も作っていなかったかのように
流れて風のように消え去っていく。

あれ……

この感覚は漫画やゲームなど、アニメ制作以外のもので沢山経験してきたが、
これの場合、それが比にならないほどデカい。

その理由は、作画した1枚が0.1秒以下のスピードで流れていくというのもあるが、
しかし自分にとって、それを感じた大きな理由はそこではない。

作画以外の作業があまりにも面倒で、そして多すぎる。



そもそもアニメ制作とは、

大勢で創る事が前提になっている。




という事を痛いほど思い知らされた。

一人で創る場合、絶対にアニメでなければならない場合以外だったら絶対に漫画を描いたほうがいい。
これは絶対に間違い無い。

Pixivなどで「Ibをアニメ化してくれ!」「アニメ化だ!」とあれほど騒がれていた(?)のに、
なんでほとんど誰も本格的に作ろうとしなかったのか、正直不思議だった。


しかしその理由を、膨大な作業量と掛かる時間の長さが痛いほどに教えてくれた。

それと同時に自分の無力さを思い知った。


「アニメーション制作の知識さえあれば、一人でもアニメは創れる」


……確かにそのとおりだ。実際に世界中に一人で創ってるクリエイターも沢山いる。
あのミッ○ーマウスの生みの親も確か最初は一人で創ってたと教わったような気がする(違ってたらすみません)

だが、それはあまりにも大変で、一人で作るには向かないものだった。



ここまで一人でアニメを創る事に対して否定的な事を書いたが、
しかし自分はここで諦めようと思ったわけではない。

あと一週間もあれば完成させる事が出来るのだ。

たった数十秒で終わる映像が。


ib01.png

ib02.png

ib03.png

ib04.png
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ナール

Author:ナール
――。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。