アクエディ4で探索型悪魔城を作る日記その1

封印城伝説01
※ 画面は開発中のものです

アクエディ4の真の可能性が発揮されるジャンルは何か?
それはメトロイドヴァニアであるに違いない…




一度挫折したそのジャンルに再び挑戦する時がやってきた。

私の知るところ、アクエディ4で作られたゲーム達の中に
まだ本格的な探索型アクションゲームは無かったはずだ。
(あったら教えて下さい)

素晴らしきジャンルなのに、何故ほとんど誰も作ろうとしないのか…
いや、既にきっと誰か作ろうとしていたに違いない。
しかしどうしても壮大なものになってしまう故に、挫折してしまうのだ。

広大なマップ。パワーアップして進める範囲が広がり、全てのエリアが繋がっている、

これは横スクロールにおけるオープンワールドと言っても過言ではないだろうか。
そうなのだ…つまりメトロイドヴァニアはオープンワールドだったのだ…
それは大変なハズである。フリーゲームで作るジャンルではない!

ところがしかし、私はそれに近いゲームを2015年に公開していたのだ。
それは「嘆きの楽園」というホラーゲームである。

全てのエリアが地続きで繋がっているという意味では、
ある意味横スクロールにおけるオープンワールドと呼べるのかも知れない。

だがやはり、あれはいわゆる“メトロイドヴァニア”にはカウントされないのだと思う。
一発即死系だし、マップ表示も無いし、パワーアップして移動出来る範囲が広がったり、
ザコを蹴散らしたり出来ない。

しかし、あのゲームはアクエディで本格的なメトロイドヴァニアが作れるという
可能性を見せてくれた作品なのだ(※自画自賛)

つまり、アクエディ4で探索型悪魔城のパロディは作れるのだ。

そこで、アクエディ4でメトロイドヴァニアを作る時の主な問題点について考えてみた。



【問題その1】装備の変更について

アクエディ4では「ステータス画面を開いて装備を変える」
みたいなシステムは中々作れないものだ。
どこかの上級者ならアクエディ4でそれを再現してくれそうだが、
私には出来そうにない。

探索型アクションではアイテムが豊富にあればあるほど、
探索し甲斐があるというイメージがある。

しかし、そこで「メトロイド」を例に考えてみるとしよう。
メトロイドは悪魔城のように、ステータス画面を開いて装備を変えたりする事ない。
メトロイドにはそもそも装備という概念は無いし、攻撃手段もショットとミサイル他ボム等だけで
悪魔城のように複数の装備から選択するスタイルではない。

それでもメトロイドは素晴らしき探索型アクションとして成り立っている。
そもそも悪魔城がごちゃごちゃしすぎなのではないかとすら思えてくる。
さすが元祖メトロイドヴァニアは違う。

つまり、何が言いたいのかと言うと
アイテムの種類が豊富ではなくても探索型アクションは作れるという事だ。



【問題その2】マップ表示

メトロイドヴァニアには必須である“リアルタイムマップ表示”を
アクエディ4で完全再現するには、ものすごい手間と時間が必要になる。

なので私はアクエディ4でそれを完全再現することを諦めた。
特に広いマップでそれを作るのは、想像するだけで悪寒がするものだ。

具体的なやり方は言うまでも無いと思う。
アクエディ4でゲームを作った事がある人なら、やり方は想像できると思う。
(オートマップ表示のやり方が気になる人はコメントしよう。)

では、マップ表示が出来ないとなると、一体どうすればいいのか?

マップ表示無しとなると、初代メトロイドなどのように、非常に迷いやすく
“次どこ行けばいいのか分からない”ゲームになってしまう。
そうなると、クリア出来るのは一部のゲーマーだけになるかも知れない。

そこで俺は考えた。
リアルタイム更新が無理なら、もっと単純な仕掛けにしてしまえばいい。

「セーブポイントに入れば、マップ全体と現在位置が見れる」

というシンプルなものだ。
これなら作るのはだいぶ簡単になる。




これで2つの問題は解決した。
アクエディ4でも高品質なメトロイドヴァニアは作れるのだ。
(※大事なことなので何度でも言う)



アクエディ4でメトロイドヴァニアが作れると確信したところで、
メトロイドヴァニアの定義について考えてみる。

・全てのステージは地続きになっている
・パワーアップアイテムによって進行可能なエリアが広がっていく
・時間の制限は基本的にない
・探索率などの条件でエンディングが変化する
・主人公が変態



Q:主人公が変態でければメトロイドヴァニアとして認められないんですか?

A:はい。

Q:ムッムッホァイとは?

A:


Q:ドゥエドゥエドゥエとは?


A:


Q:メトロイドのサムス・アランも変態なんですか?

A:はい。



※次回作の主人公は変態になるそうです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ナール

Author:ナール
――。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR